スコーンにまつわるお話 

 私は紅茶が好きです。
 そして、美味しい紅茶をいただくときに一番大切と思うことは、「おいしいお菓子とともに味わうこと」と思っています。
 紅茶だけ口にするよりも、一口お菓子を口に入れた後にいただく紅茶の美味しいこと!
 紅茶の国イギリスにはティーハウスの定番メニューに「クリームティー」というものがあります。
 これはどんな紅茶かって? お気づきの方もいらっしゃるはず、日本でもCafeメニューとして最近は時折見かけるようになってきました。これは、「紅茶とスコーンのセットメニュー」のことなのです。
 こんなメニューがあるくらいなので、紅茶にベストマッチしているお菓子と言えば、まずは「スコーン」でしょう。特にミルクティーとの相性は抜群といわれ、ぼそぼそとしたスコーンの生地をコクのあるミルクティーが包みこんで、風味の余韻を残しながらしっかり押し流してくれるというわけです。
 そしてこのスコーンをいただく時に絶対不可欠なものがあります。「クロテッドクリーム」と「ジャム」です。
 クロテッドクリームは日本ではあまりなじみがないものですが、バターと生クリームの間の脂肪分でミルクの独特の風味を持った少し柔らかいバターのようなものです。これとベリー系(ストロベリーが多い)のジャムをたっぷり付けていただくのがスコーンの醍醐味!おいしさもこれでこそ生まれるものなのです。
 ただ、前述のように日本ではクロテッドをあまり使いません。「購入しても半分以上を捨ててしまう・・・」
 なんてもったいないことも起こってしまうわけです。
 さて、私は教室をはじめた当初から10年ほどスコーンを作り続けて参りました。
 その中で、だんだん私流のスタイル「ジャパニーズスコーンスタイル」なるのもができてきました。
 身近に食べられるようにクロテッドクリームやジャムなしでも味わっていただけるスコーンです。
 ドライフルーツやナッツ、チョコレートなどをしっかり加えて作る、ほのかに甘いスコーンは朝食にもティータイムにも気軽なおやつにもぴったりです!
 美味しい紅茶とともに味わってみてくださいね。

 
クッキングカフェオリジナルスコーン 

 材料には北海道産小麦、喜界島のミネラル砂糖、低温殺菌乳(殺菌処理が低温で行われるため、ミルク本来の風味が残されている牛乳)、バターを用いて作る基本生地に、各種ドライフルーツフルーツ、チョコレート、ナッツ類などを盛り込み、いろいろな種類のスコーンを作っています。
 価格は1個150円(プレーン)〜180円です。

 

美味しい食べ方 

 そのままでも召し上がっていただけますが、温めて食べていただくとなお、スコーンの美味しさが味わえます。
 @スコーンを入れずに、オーブントースターのダイアルをちょっと回して温めてください。
  (予熱1〜2分)
 A袋から出したスコーンを入れて3分温めます。
 B表面はカリッと、中はふわっ、さくっをしたスコーンに変身です!!

 クッキングカフェオリジナルスコーンは、阪神香櫨園駅から徒歩10分の場所にある「オブリベーネ」さんで販売していただいております。詳しい日時は「オブリベーネ」さんのHPをご覧ください。


Oblibene〜旅する雑貨〜
http://oblibene.main.jp/
オブリベーネは西宮・香櫨園にあるフェアトレード・ヨーロッパ雑貨のセレクトショップ

 

現在、スコーンの通信販売は行っておりません。(準備中)
お問い合わせは、0798-53-3466(たくま)までお願いいたします。

Kaoruのプロフィール

多久間 薫(たくま かおる)
管理栄養士調理師/ティーコーディネーター

甲南女子大学卒業後、兵庫栄養専門学校で学び、調理師、管理栄養士を取得。同校に6年間勤務し、食品加工実習を担当。2004年にティーコーディネーターも取得。現在はCooking Cafeを主宰。また専門学校等で非常勤講師や公民館などで料理、紅茶の教室などもしている。日本栄養士会会員。(もっと詳しく

Cooking Cafe便り

楽しい発見!食のコラム

フォトミュージアム

料理教室の様子や日々の生活で出会ったものなどを写真でご紹介します。